スマホ対応ホームページとは

簡単にふたつに分けるとすれば、スマホ専用ページがあるか、それともレスポンシブ対応であるか、ということになります。

ユーザーエージェントで判別し、例えばspという階層のindex.htmlを表示すのが専用ページですね。

そしてindex.htmlは同じでスタイルシートなどで画面の幅やユーザーエージェントなどを判別し、ウィンドウやフォントサイズの調整を行うのがレスポンシブです。

最近ではとてもレスポンシブのものが増えてきました。

理由としてはパソコン・タブレット・スマホとデバイスがあるとして、更にその機種ごとにディスプレイのサイズ、ブラウザのサイズなどがりますから、専用ページだけでの対応が難しい部分もあるからです。

例えばタブレットにしてもサイズは様々ですね。

そしてパソコンでも作業環境によってはブラウザのウィンドウを狭めていることもあります。

幅に応じて可変で表示が変わるレスポンシブはとてもユーザーフレンドリであると言えます。

そしてホームページを作る側も専用ページであれば個別で更新、もしくは表示の確認などをしなくてはいけません。

でも、レスポンシブであればブラウザの幅を細くすることで、簡易的ではありますがスマホ・タブレットの表示も確認することが可能です。

何よりもホームページ全体の容量も少なくなります。そしてフォルダ階層も少なく表現できますから、いいことづくめですね。

スマホ対応ページにすることで、ホームページを作成する人にはメリットが多いです。最近はパソコンだけでなく、スマホやタブレットなどで閲覧する人も増えました。

せっかく自分のページを見てもらったのに、パソコンでの閲覧だけにしてしまうはとてももったいないです。

レスポンシブにすることでどのデバイスのユーザーも快適に閲覧できる。そうするとホームページのコンテンツをまたリピートしてくれるんですね。

最初と比べればレスポンシブの導入もしやすくなりました。自分自身でタグやスタイルシートで作成する時も参考にできるページもたくさんあります。

そして、ワードプレスなどのブログシステムを利用する場合でも、テーマと呼ばれるデザインを一括で変更できるものの中には導入するだけでレスポンシブ対応になるものもあります。

スマホのユーザーにファンになってもらうことは、今後、ホームページを作成する方にとって必須な項目であるといえます。

しっかりと学び、対応するページ作りが出来たなら、ページビューだけでなく、信頼性と安定を感じるページだと理解してもらえますよ。