WEB制作会社に発注する場合の費用感・注意点

ホームページを作ってもらおう。

これ以上は普通にしていても営業や集客は難しい。名刺にホームページを記載したい。今時ホームページもないなんてなど色々な理由で必要性を感じることがあるでしょう。

しかし、自分で作るということではなく、きちんとお金を支払って、それなりのページを作ってもらいらいとなれば、ある程度知識がないと言い値になってしまいます。

高いと思って足踏みすると、またホームページを持つことが遅れてしまいますよね。どのような費用感であり注意点は何があるのかについてお話します。

  • デザイン
  • システム
  • 維持費

大きく分けて3つにお金が掛かります。

そして相場ですが、良ければ高い、悪ければ安いとも言い切れないのが現状です。

クラウドでの個人受注も増え、格安で良いページを作成する人もいますし、会社として経営し、人員や機材なども含めて運営するために、きちんと相場を考えている会社さんもいます。

まずは費用対効果ですね。そして維持費です。最初に作成する時、何を重視するかですが、それは実績です。

実際に作ったページとそのページのアクセス解析を提示できる会社を選びましょう。スキルがあります。良い人材揃ってます。

サンプルページはこれです。そういう部分を見るのではありません。数字を見せてもらいましょう。

その上で何社か比較します。

クラウドでお仕事をする個人に頼むのも良いですが、トラブルが起こることも前もって理解しておきましょう。

ひとりで作業されている方ですと、時間が掛かったり、複数案件持っているような方であればテンプレートと言いまして、同じようなホームページを切り売りしているだけの方もいます。

どちらも判断の基準としてはホームページビルダーやワードプレスなどのツールでなくてもゼロからホームページを作れるかどうか。

そして先程も言ったように実績を出せるかどうか。それだけが注意点です。逆に、それ以外で言えばレスポンスや対応、サービスなどだけですね。

あと、初期費用0円というところも増えています。それは先にドメインやサーバーを契約、維持費を確保した上で、カスタマイズで後から帳尻を合わせるような場合もありますので、最初にしっかりと作ってもらう。

フィードバックも含めて維持費に盛り込んでもらう。そして維持費についても高すぎないところが良いです。サポートするたびに料金が発生するようなところは基本的には止めましょう。

そして大事なのは実際に作業する人と会わせてもらえるかです。

お金を出したら、それで外注に出す、なんてこともあります。直接作る人と話せる会社を選ぶようにしましょう。