スマホ対応ホームページとは

簡単にふたつに分けるとすれば、スマホ専用ページがあるか、それともレスポンシブ対応であるか、ということになります。

ユーザーエージェントで判別し、例えばspという階層のindex.htmlを表示すのが専用ページですね。

そしてindex.htmlは同じでスタイルシートなどで画面の幅やユーザーエージェントなどを判別し、ウィンドウやフォントサイズの調整を行うのがレスポンシブです。

最近ではとてもレスポンシブのものが増えてきました。

理由としてはパソコン・タブレット・スマホとデバイスがあるとして、更にその機種ごとにディスプレイのサイズ、ブラウザのサイズなどがりますから、専用ページだけでの対応が難しい部分もあるからです。

例えばタブレットにしてもサイズは様々ですね。

そしてパソコンでも作業環境によってはブラウザのウィンドウを狭めていることもあります。

幅に応じて可変で表示が変わるレスポンシブはとてもユーザーフレンドリであると言えます。

そしてホームページを作る側も専用ページであれば個別で更新、もしくは表示の確認などをしなくてはいけません。

でも、レスポンシブであればブラウザの幅を細くすることで、簡易的ではありますがスマホ・タブレットの表示も確認することが可能です。

何よりもホームページ全体の容量も少なくなります。そしてフォルダ階層も少なく表現できますから、いいことづくめですね。

スマホ対応ページにすることで、ホームページを作成する人にはメリットが多いです。最近はパソコンだけでなく、スマホやタブレットなどで閲覧する人も増えました。

せっかく自分のページを見てもらったのに、パソコンでの閲覧だけにしてしまうはとてももったいないです。

レスポンシブにすることでどのデバイスのユーザーも快適に閲覧できる。そうするとホームページのコンテンツをまたリピートしてくれるんですね。

最初と比べればレスポンシブの導入もしやすくなりました。自分自身でタグやスタイルシートで作成する時も参考にできるページもたくさんあります。

そして、ワードプレスなどのブログシステムを利用する場合でも、テーマと呼ばれるデザインを一括で変更できるものの中には導入するだけでレスポンシブ対応になるものもあります。

スマホのユーザーにファンになってもらうことは、今後、ホームページを作成する方にとって必須な項目であるといえます。

しっかりと学び、対応するページ作りが出来たなら、ページビューだけでなく、信頼性と安定を感じるページだと理解してもらえますよ。

スマホ対応ホームページのメリット

ガラケーと呼ばれる携帯電話から、今はスマートフォンが主流になってきました。

スマホ対応のホームページのメリットは、パソコンは持ち運びが出来ません。

ノートパソコンなどもありますが、やはり世の中の人がみな、持ち歩いたりはしないです。

そして何よりもパソコンは無いけど、スマホは持っている、タブレットはあるというユーザーが多いのです。

スマホ対応にすることで、ユーザーの分母を底上げ出来ます。

もちろん、パソコンのページであったとしてもスマホで閲覧することは可能です。

しかし、ユーザビリティの観点から考えますと、スマホで見やすいページというのはファン・リピーターになりやすくなります。

それはいつでもどこでも見れるという、インターネットの持つ情報共有を固定された位置でしか見れないということから開放するからです。

純粋にパソコンページをスマホで見ると、幅やフォント、バナーやボタンなどの大きさに違和感が出ます。

スマホのブラウザによってはページ全体を表示しようとして、文字が読み取れない。スワイプなどで表示を大きくすると、他の部分が見えなくなる。これはユーザビリティが高いとは言えませんね。

スマホ対応にすることでパソコンでも、タブレットでもスマホでも見やすいホームページになります。

今では個別にページを作るというよりもレスポンシブ対応などの形で単一ページがそれぞれのデバイスに綺麗に表示されるようになっています。

しかし、それでも文字列の配置や画像の大きさ、解像度などにより、自分が想像していた
デザインとは違ったものがユーザーに表示されることもあります。

アンドロイドのスマホ・タブレット、アップルのスマホ・タブレット。それだけでも無数にあり、その他にアプリとしてのブラウザが存在するからです。

ただ、これらも考えすぎていてはいけません。

デザイン、配置、それだけのためにホームページを作るのではないのです。伝えたいことを伝えるために最低限の体裁を整える。

それくらいの方が実際にホームページを持って、記事やコンテンツ作成をする時にはちょうど良いのではないでしょうか。

ホームページを作るときにもっとも大切なのは中身です。

もちろん、外見や入れ物としての見栄えや装飾なども大切ではあります。ユーザビリティが良くても、中身が伴わなければ、やはりリピートはないでしょう。

両方共を意識しながら、中身のクオリティ・質が落ちないように記事やコンテンツを作成することが必要だということが少しでも伝われば幸いです。